実は包茎手術後後悔する人が多い!?後悔しないために抑えておきたい注意点をご紹介

自らが包茎であることに悩んでいて、クリニックでの包茎手術を受けたいと考えている人もいるかもしれません。
近年ではインターネットや男性誌でも頻繁に目にするようになり、クリニックのホームページなどを参考にしてみると、痛くない、傷跡は絶対に残らない、3万円で治療ができるなどの魅力的な文字が多く並んでいます。
様々な情報も溢れかえっていることから、本気で悩んでいる人にとっては、どれが正解でどれが間違っているのかの判断がつきにくいところです。
手術を受けて失敗したと後悔しないようにするためにも、どのようなことに注意すれば良いのかを紹介します。

医師のプロフィールや写真が明確であるかどうかを判断しよう

包茎治療に後悔しないようにするためにも、やはりクリニック選びが非常に重要となるでしょう。
クリニックといってもさまざまなものがあげられ、さらにはその中で競争が展開されているのが実情です。
費用の値下げ競争も激化し、中には人件費を抑えようとしているところもあるほどです。
このような影響から技術レベルのないアルバイトに執刀を任せたり、ホームページに医師の写真やプロフィールが明記されていないので経歴が曖昧なところもあります。
このようなクリニックはあまり信用できるとは言えないでしょう。
しっかりと自信を持っているところであれば、対応するドクターは全て顔写真や経歴などが公開されているはずです。
クリニックのホームページを見ると完全個室や清潔な院内などと書かれているものも多いですが、実際に行ってみると写真とは全く違っていたということもあります。
このようなクリニックも注意しなければなりません。
情報を細かく公開しているクリニックほど信用性が高いと考えて間違いないでしょう。
以前までは医師の名義貸しなども問題視されていましたが、現在では厳しく規制されています。
しかし業界で生き残っていく為にこのような行為が存在するのが事実です。
後悔しないためにも、本当に信頼できるクリニックであるかどうかを、しっかりと見極めるようにしましょう。

費用の問題にも着目しよう

包茎手術を受けるにあたり、やはり費用の問題は大きくクリニック選びに関わってくることでしょう。
包茎手術は一般的に自由診療となっていて、どのくらいの費用が必要なのか、事前に見極めておくことも重要です。
仮性包茎と呼ばれる軽度の包茎の場合には、5万円程度の所が多く、重度のものとなると10万円前後であることがほとんどでしょう。
また使用する糸によっても費用が異なるのが実情で頭が、中には変わらないところもあります。
手術の料金に関してはトラブルも多く、実際に国民生活センターには、様々な相談や苦情などが寄せられているのが実情です。
インターネットで手術が7万円という広告を見てクリニックに行ったけれども、特殊な治療が必要だと言われて120万円の契約をして、その日のうちに手術をしたけれども、別の病院であれば保険適用内で手術ができるとわかったなどのようなものもあります。
このようなことから緊急性のない包茎の施術に対して、受診したその日に施術を受けることは絶対にやめて、一社の説明や内容、金額に納得できているかどうかをしっかりと検討することが重要です。
包茎手術は健康保険の適用範囲があり、健康を損なう可能性があったり、機能的に障害をきたす場合には保険の適用となります。
とはいえ傷跡を残さずに綺麗な仕上がりを考えるのであれば、自由診療の方を選ぶことも考えた方が良いでしょう。

痛みの問題について把握しておこう

包茎手術を受けるにあたり、やはり痛いのではないかと心配する人は非常に多く見られます。
様々なクリニックのホームページを見てみると、痛みがないトーテム2などという言葉を目にするため、本当に痛くないのだろうかと疑問に思う人もいるものです。
実際に包茎手術を受けたことがある人に聞いてみると、手術中は麻酔をしていたおかげで全く痛くなかったけれども、麻酔が切れたら局部がズキズキし始めたというケースがよく効くものです。
痛み止めの薬も処方されるため、常に痛みがあるわけではないけれども、時々痛みを感じたり亀頭部分が赤く腫れてきたなどのケースが多いでしょう。
麻酔を使用するので手術の時に痛みがないのは、のことであり、痛くないことを強調するのは、麻酔が覚めた後も痛くないというイメージを抱いてしまいます。
このようなキャッチコピーは違和感を感じるかもしれません。
実際にクリニックに問い合わせてみると、手術中に痛みを感じることはないけれども、手術後に痛みが出るため痛み止めを渡しているというところがほとんどです。
麻酔の方法はクリニックにより異なりますが、様々な方法が用意されていて、痛みに弱い人でも安心して受けられる工夫がなされているところも見られます。
あまりにも心配なのであれば、事前のカウンセリングで相談することが望ましいです。

まとめ

包茎手術を受けて失敗したと後悔することとしては、見た目の問題や料金の問題、痛みなどが多いことが分かります。
しかしこれらすべての問題は最初のクリニック選びが非常に重要であり、クリニックを選ぶことができたら、しっかりとカウンセリングの際に自分の悩みや不安を相談することが重要です。
悩みや不安に適切な答えが返ってくるかどうか、患者の立場になって考えてくれるかどうかが、クリニックを見極める上で非常に重要となります。
手術を受けた後に後悔していては遅いので、このように紹介されたことを頭に入れた上で、まずはクリニックを見極めるところから始めてみましょう。

参考サイト
包茎手術のクリニック選びで後悔しないためにはこちらをチェック!
https://www.eugeni-pons.com/